マーケティング再入門 
「マーケティング・コンセプトを考える・その2」

マーケティング・コンセプトを構築するには、発想の転換が必要です。

それを組織だってやろうとするならば、マーケティングのマネジメント自体の視点や切り口を転換する必要があります。

コトラー&ケラーの「マーケティング・マネジメント」から転換のためのキーワードを拾ってみましょう。

・全社をあげてのマーケティングへ
・顧客セグメント別の組織へ
・財やサービスの外部調達へ
・業者ではなくパートナーシップへ
・新しい市場ポジションの発見へ
・無形資産の重視へ
・統合型コミュニケーションによるブランド構築へ
・店舗からオンラインへ
・すべての人から精選した標的市場へ
・顧客の生涯価値の重視へ
・市場シェアから顧客シェアへ
・ローカルから「グローカル」へ
・株主重視からステークホルダー重視へ

いかがですか、どれかピンと来るものはありましたでしょうか。

いずれもここ10年くらいの間に、マーケティング・マネジメントの方向転換のトピックとして、いろいろな形で紹介されてきたものばかりなので、個々の詳しい説明は不要でしょう。(いえ、あえて説明しないほうがよいでしょう。)

一見バラバラなようにも見えますが、いつかの傾向が見られます。

顧客との対話。パートナーシップ。モノからコトへ。精選・・・。

自分なりに上記のキーワードを結びつける、マスター・キーワードを探してみてください。

自社の転換すべき方向がみえてくるかもしれません。

(by インディーロム 渡邉修也)