統計・世論調査を読む 
「リボンの色は?」

前回は、子どもの虐待防止を目指すオレンジリボン運動をご紹介しましたが、世の中、いろんな色のリボン運動がありますね。今回は、どんな色が何の活動なのか、おさらいしておこうと思います。

リボンの色は限られていますので、実際には1色につきいくつかの運動があります。以下、日本で比較的活動が盛んなリボン運動をピックアップしてみます。

・レッドリボン
  エイズへの理解と支援など
・ピンクリボン
  乳がん検診の早期受診を推進など
・パープルリボン
  女性に対する暴力根絶など
・オレンジリボン
  子どもの虐待防止など
・ゴールドリボン
  小児がんに対する理解や支援など
・シルバーリボン
  脳や心に起因する疾患(障がい)およびメンタルヘルスへの理解促進など
・グリーンリボン
  移植医療普及/環境保護運動など
・イエローリボン
  障害者権利条約の国内批准促進/海外や災害現場に派遣された自衛官の無事帰還/脱原発・脱原子力など
・ホワイトリボン
  開発途上国の妊産婦の命と健康/阪神淡路大震災の追悼・感謝・復興など
・ブルーリボン
  北朝鮮による日本人拉致問題被害者の生存・救出など

ほかにも沢山のリボン運動がありますが、きりがないのでこれくらいにしておきます。

中には「利権の塊りのような運動」もありますが、個々突っ込みを入れていると長くなりますので、興味がある方はご自分で調べてみてください。

(by インディーロム 渡邉修也)